認知症と音楽療法について

脳を活性化させて、認知症の症状を改善したり、予防をしていくリハリビテーションとして音楽療法があります。

音楽療法には自ら歌ったり演奏したりする療法と音楽を聞いていく療法があります。

歌うのが、なぜいいのかというと高血圧で動脈硬化などが起きて、そこから認知症になってしまう可能性があります。

だからこそ、歌を楽しんで、歌う事により精神的に落ち着きを得て血圧を安定させます。それが認知症予防になります。楽器を演奏でなくても、音楽に合わせて体操やストレッチや皆で歌ったりしたりします。

何か演奏をするのにいいのは、特にピアノが良いです。
全部の指先を使う上に、弾き方を指先の力で変えていく事で音と指先の感覚の一致が脳に良い刺激を与えてくれます。

音楽を聞いていく療法では音楽を聴くことで昔懐かしの音楽を聴く事により昔の事を思いだし、思い出を誰かと話しをすることで、精神を安定させてくれます。
そういうなのを、回想法といわれ、認知症に良いとされています。

最後に、音楽療法の望ましい方法しては音楽療法士に指導を頼む事です。
音楽療法を実行されている老人福祉施設とかではその人に合わせてプログラムを作って、指導してくれます。

もし、音楽療法を取り入れられている施設がない場合、当人が好きだった曲を聞かせて、反応をみてみる事です。

Copyright© 2016 名盤図鑑 ビル・モンローに憧れて All Rights Reserved.