ビル・モンローの音楽

ビル・モンローといえば、「Blue Moon of Kentucky」や「Footprints in the Snow」で知られているブルーグラスミュージシャンです。ビル・モンローは「ブルーグラスの父」と呼ばれており、ブルーグラスミュージックを確立させたミュージシャンとして、今も多くの人にリスペクトされ続けています。

このブルーグラスという音楽のジャンルも、ビル・モンローのバンドである「ブルーグラス・ボーイズ」が由来となっていて、1950年代にはアメリカの代表的な音楽ジャンルとなりました。

アメリカの代表的な音楽として、現在でもフォークソングと同じに日本でも紹介されることがあります。その中にビル・モンローのブルーグラス・ボーイズの楽曲が頻繁に使われているため、日本人でも彼の曲を耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

フォークソングと聞くと、「古臭い」というイメージを持つ人もいます。しかし、ビル・モンローの楽曲は、他のミュージシャンにも影響を与えていて、有名なのは、アメリカンミュージャンで日本でも今なお人気のエルヴィス・プレスリーが「Blue Moon of Kentucky」をカバーしています。

また、エルヴィスだけではなく、ポール・マッカートニーやパッツィ・クラインも彼の「Blue Moon of Kentucky」をカバーしたミュージシャンです。

音楽を解析するヘッドホン

通常みなさんが音楽を聴く媒体としてイヤホン、ヘッドホン、スピーカーなどが挙げられると思います。その中でここでは主にヘッドホンについて取り上げたいと思います。

多くの人は音楽を聴く時、音を楽しむためにヘッドホンを使用します。しかしそれは私たち人間が心地よい音だと感じるようにヘッドホンが調整した音を聴いている場合が多いのです。

ヘッドホンには大きく分けて観賞用とモニター用の二種類が存在します。多くの人が使うヘッドホンは観賞用、つまり音を楽しむためのヘッドホンだと思います。一方でコアな音楽ファンや楽曲を制作する側の人間はモニター用を使っている場合が多いです。このヘッドホンは一般にモニターヘッドホンと呼ばれ、音を楽しむことよりも生の音を出力することを目的として作られています。

モニターヘッドホンは観賞用に比べ解像度と呼ばれるものが高く、観賞用のヘッドホンでは聴くことができなかった音が聞こえてきます。そのため楽器やボーカルの声がフラットに聞こえ、どの楽器がどんな音を出しているのかを解析することが可能になります。しかし、いろいろな音が聞こえすぎてしまうために聴き疲れする個体もあり、長時間音楽を鑑賞するのには向いていないこともあります。

アーティストの作った生の音を鑑賞してみたい人や楽器を演奏する人は是非一度モニターヘッドホンを手にとってみてはいかがでしょうか。

音楽を聴きながら勉強をすると得られる効果

自分の趣味になっていたり気分転換をする時に音楽を聴くのが一般的でしたが、最近では音楽を聴きながら勉強をする人が増えてきています。音楽を聴きながら勉強をするのは今まであまりありませんでしたが、いったいどのような効果が得られるのか見ていく事にしましょう。

・集中して勉強する事が出来る
音楽を聴きながら勉強をすると集中出来ない印象がありますが、バラード系など静かな音楽を聴くと精神面で落ち着いてくるので集中する事が出来ます。また好きなバラード系の曲を聴く事で気分も上がってくるので勉強する時のモチベーションも高くなる事があります。

・周囲の雑音を消す事が出来る
勉強をする時は自宅だけではなくカフェでもする事があります。カフェで勉強をする時は周囲にも他の客がいて話し声がうるさい時もあります。そんな時に音楽を聴く事で周囲の雑音を消す事が出来るので集中して勉強をする事が出来ます。

・楽しく勉強をする事が出来る
好きな音楽を聴いて勉強すると気分が上がってくるので勉強も楽しくなってきます。楽しく勉強する事で効率も良くなってくるので覚えるのも早くなります。

このように音楽を聴きながら勉強をすると得られる効果もあるので実践してみるといいでしょう。

初めての音楽制作はまず一曲作るところから!とにかく始める

作曲、MIX、編集など音楽制作は多岐に渡ります。ここでは初めて音楽制作を行う人に向けて大事なことをお伝えします。

・DAWソフトを選ぼう。
DAWソフトとは(詳しい定義は割愛しますが)、要は音楽制作ソフトのことです。これを用いて音楽を扱っていきます。

本気でがっつり作曲などをしたい人はCubase、SONARなどが代表的です。これらはプロの現場でも用いられていますね。絵でいえばPhotoshopのようなものでしょうか。
無料ソフトならDominoがおすすめです。ピアノロール型のソフトで、MIDIの扱いに長けています。初心者でも使いやすい部類のソフトでしょう。

なお編集に特化しているものとしてはAudacityがダントツで有名です。SNSなどの音楽制作ではメインソフトになっていますね。

・音楽は用語が多い!
音楽制作の難しいところはとにかく専門用語が多いこと。小説にしろ絵にしろ芸術を学ぶ際には挫折しやすい局面があるのですが、音楽に関しては用語の理解がそれに当たると思います。

・とにかく作ったほうがいい
あれこれ考えるよりも、とにかくソフトを触って一曲完成させたほうがいいです。でないと心折れるから……よほどハマったら別ですけどね。
一曲目はひどい出来になるかもしれませんが、そこさえ乗り切れば案外続くと思います。

音楽制作はカンタンではないかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Copyright© 2016 名盤図鑑 ビル・モンローに憧れて All Rights Reserved.